千葉 セ ン タ ー 社 員

新江東センターの社員のみなさん

千葉センターの社員の声をお聞き下さい!!

まるで、学生時代の部活みたいなノリ。チームワークを体現している居心地のよさ

千葉センター
末永七香

女性が珍しいのでよく驚かれますが、前職も同業で体力にも自信があります。入社して実務が始まってからも、特に大変だと思うことはなかったです。
フィットはノリが合う人が多くて楽しく働けます。それだけではなく、お互いにフォローするのが当たり前という風土があるのも特徴ですね。配送する荷物が多い人がいたら、早めに終わったドライバーがヘルプに行く。来てもらう…。というのが普通なんです。「自分の分が終わったらサッサと帰る」という人だと馴染めないかもしれません。モバイル端末でみんなの荷物量や進捗がわかるようになっていて、キツそうな人に「ヘルプに行こうか?」と連絡したり、「ヘルプお願いします!」と発信したり。全体の配送をみんなで協力して終わらせるのは部活みたいな感じで、チームワークってこういうことなんだと思います。また、ドライバー同士で休みの日に遊んだり飲み会をやったり。仕事でもプライベートでもわいわい楽しんでいます。

うれしいときも、しんどいときも、ひとりじゃないから続いているんだと思います

千葉センター
上代(かじろ)桂輔

当社は酒類専門の物流会社で、自分が日々運んでいるのもお酒や飲料がメイン。お酒をケースで運ぶので、正直言って入社から半年は体力的にキツかったです。配送先での積み降ろしはほとんど筋トレみたいなもので、疲れてくるとトラックの荷台から納品場所まで荷物を運ぶ動きが遅くなってしまいます。夕方に先輩たちがヘルプに来てくれる日が多くていつも申し訳ないな、と。
あるとき上司から「荷物は肩と腕で運ぶ」というのと「プロテインを飲むといい」とアドバイスされました。上半身を使うと腰に負担がかからないのと、プロテインで早く筋力をつければ、早く楽になるということでした。
しばらくすると肩まわりの筋肉が目に見えて変わり、ヘルプに来てもらう頻度が少なくなって、逆に同僚のヘルプに行けるようになりました。「ヘルプに行けるんだからもう一人前だ」って言われたときはうれしかったですね。「認められた!」と思ったのを覚えています。
 

 
 
 

ページトップ

Copyright© Fit All Rights Reserved.