本 部 社 員

本部社員の皆さん

本部社員の生の声をお聞き下さい

5年くらい続けた、魚屋の販売職からデスクワークへ。実はエクセル・ワード利用は大学の講義以来でした。

商品管理課
河野 寛人

 

経営情報学部卒。そんな私は「魚も釣りも、接客も好きだから」と、魚屋のチェーンに新卒で入社しました。店頭で呼び込んだり、何キロもある魚を下ろしたりの日々。繁盛店でしたが、「50になってもやりきれるのか?」…それで転職したんですよ。結婚して子どももいたので、安定会社で続けていける仕事であることがフィットを選んだ理由です。全く経験のない事務職でしたが、採用理由を聞いたら目がギラギラしてたから(笑)。向上心が伝わったのですかね?
 
今は11名が所属する商品管理課で、5つある商品センターのうち国立の本部を先輩とペアで担当。酒販店様の窓口として在庫管理や発注周り、お問合せ対応などを担っています。電話応対がここまで多いとは思いませんでしたが、マニュアルに沿って動けるし、発注数などは教わりながら。PC操作にも無理なく慣れていくことができました。まだまだ周囲にサポートしてもらっているので、早く仲間の役に立てるようになっていきたいです。

未経験で採用してくれた会社の成長に経理立場から貢献したい。

総務経理課
山崎光輝

 

学生時代から経理に興味があったものの、新卒で入社した広告代理店では営業に配属。異動のお願いもしましたが枠がいっぱいで叶わず、転職することにしたのです。しかし、実務経験のない私に内定を出す会社はありませんでした。10社落ちたあと、未経験の私を人柄で採用してくれたのがフィットだったのです。
 
経理歴20年近いベテラン上司の指導と、簿記の資格取得のために勉強していた内容がつながって、やればやるほど経理の仕事が面白くなっていきました。今担当しているのは、申請書や会計処理。たとえば現場から「動きやすい制服に変えたい」という申請を処理する仕事です。
 
みんなの「会社を良くしたい」という思いが実現するまでのプロセスを目の当たりにできるのは嬉しいですね。今後は決算までできるようになり、利益が出たときのデータを分析し、成功事例を蓄積したいと思っています。経理の立場から会社の成長に貢献できる。それが一番のやりがいです。


酒販店様と飲食店様との懸け橋として。様々な商品の在庫管理・発注を一手に担っています。

商品管理課
佐藤 優生

 

お酒の種類・銘柄って、数がすごいじゃないですか。扱う酒販店様も、飲食店様からのオーダーも、実に様々。商品管理課の仕事は、その間に立って、当社がストックしているお酒の在庫数を日々掌握しながら、適正数を担保すること。課内総勢9名で4つの商品センターを一元管理。センター毎にペアを組み、1日当たり50〜60件の発注を行っています。忙しい毎日ではありますが、変化に富んでいて楽しい。やりがいを実感しています。
 
前職もメーカー兼卸会社の在庫管理事務。簿記の専門学校卒業後、経理が嫌で選んだ仕事。しかし午前中の発注さえ終われば午後はヒマで。事務職であってもアクティブに過ごしたい私にとって、この先10年続けるイメージがつかなかった。フィットを選んだのは、面接のときに会社の勢いを感じたから。入社8ヶ月。現在、ドライバーさんから商品管理課へ異動した方の指導も任されています。
実は新婚ホヤホヤ(照)。仕事もプライベートも充実感でいっぱいです。

フィットの商品は「配送」。それをより輝かせるために、顧客のニーズを集める仕事。

業務推進課 係長 
新條 知宏

 

入社したのは友達が働いていたから。まずはドライバーとしてのスタートでした。当時のフィットは、とにかく活気がある。もちろん忙しくて戦場のような雰囲気のときもありましたが、その戦場の高揚感のような雰囲気が好きでした。そして約6年、ドライバーとしてあちこちを回り、その後グループ長として主に管理する立場で配送に関わりました。現在は御得意先推進係に所属。ここでは毎日首都圏の酒販店さんをまわり、いろいろな声を集めることを仕事としています。
 
よく言われるのは「フィットの商品は配送」という事です。われわれが提供しているのは「酒」ではありません。お酒を正確に、迅速に配送すること、それが商品です。そのため、我々の顧客である酒販店さんからの「こんなことはできないか?」「もっとこうしてほしい」という新たなニーズ。そして時には「クレーム」というお叱りの声をいただきます。それらを積極的に伺い、もっとフィットのサービスやシステムが酒販店さんに喜んでいただけるようにするための意見や情報をまとめるフィルター機能が、私に求められている仕事なのです。
 
その為には、もっと酒販店さんに信頼していただける関係を作らなければなりません。単に「御用聞き」ですと本当の意味でお役に立てることにはなりません。私という人間がフィットの全社員を代表しているという意識をもって酒販店さんと接していると「クレーム」も全く違った意味合いになってきます。それは、ドライバーとしての経験、毎日飲食店の方々と接していたときの、その気持ちがあるから理解できることだと思います。これからも酒販店さんの窓口として、フィットの全社員を代表しているつもりで仕事に取り組んでいきます。 


システムの先に見えているのは現場。信頼して頂いているお客様の満足と常に全力を尽くしているスタッフのために。

情報システム課 課長
宇田川 明彦 

 

僕がフィットに入社した動機はとても単純でした。「家から近いから」。車を運転するのも好きだったので、割と気軽な気持ちで始めたような気がします。でも、気がつけばもう11年が経ちます。ドライバーからお客様担当課、そして今は情報システム課でシステム管理に携わっています。
 
倉庫のシステムトラブルを防ぐこと、生産性をより向上させること、ドライバーがスムーズに作業できること。システムは、フィットがお客様に喜んで頂ける仕事ができるための土台だと思っています。大きな責任を感じていますし、その分やりがいも大きいですね。大手のパッケージシステムをただ導入するだけでなく、フィットが求めるクオリティを実現するためさらに改良を重ねたり。導入当初はうまく可動しなかったシステムがだんだん軌道に乗ったり。日々向き合っているのはシステムですが、その先にいるお客様のことを考えながら仕事ができるのは…やはりドライバーの経験があるからだと思います。
 
月並みですが、「宇田川さんが担当で良かったよ。」とお客様に言って頂けるのが何より嬉しかったですね。現場にいた頃は日々の業務に集中し切っていましたけど、今はより広い視野で、会社全体のことを考えた仕事に携わることができて、僕自身もかなり成長させてもらっていると感じています。これからも仕事の幅を広げて、毎日楽しく仕事をしていきたいです。
 

ページトップ

Copyright© Fit 酒急便 All Rights Reserved.